« 明けまして おめでとうございます | メイン | 自分で救急車 »

借りていいの?

 1月13日、ようやくせせらぎ文庫に来ることが出来た。前日一日降り続いた雪で、久しぶりの雪景色。この冬、雪が降らなかったわけではないのだが、うっすらと積もって直ぐ消える雪ばかりだったのが、ようやく深い所で10センチ近く積もった。嬉しくて、よせばいいのにいつものスニーカーを履かずにロングブーツを履いていった。ロンドンの靴屋さんで見つけたブーツだから、ちゃんとブーツの役目を果たす。つまり、雪で滑ったり、底から沁みてきたりしないので、歩きやすくて暖かい。積もっている所はブーツがないと、と雪の日気分だったのだが、前日の雪は車の跡だけ凍っていて、硬くて歩きにくい。スニーカーなら10分で着く所、15分もかかってしまった。

 『ホッツエンプロッツ』があまり気に入らなかったというまどかちゃんのために、『アメリカからきた魔女』(滝本つみき作 フォア文庫)が良いのではないかと、一巻から読み返していたら、嬉しいことに、せせらぎ文庫の1番会員と2番会員の翔君と悠君が、ホールの後片付けのお手伝いにやってきた。

 「せっかく来たんだから借りていけば」というと「借りていいの?!」と駆け込んできた。友達のりく君も「何冊借りていいの?いつまでかりられるの?どうやって返すの?学校よりも借り易くていいねえ」と借りるのが嬉しくてしょうがない様子。 まだ読み聞かせが定着していないせせらぎ文庫では、借りる本を選ぶくらいしか、子ども達と触れ合う機会がないから、「借りていいの?」なんて言われると、こっちのほうが、嬉しくて仕方がない。

 3人が選び終わった所にまどかちゃんが妹のまよちゃんとお母さんとやってきた。『アメリカからきた魔女』をわたすと、こういうの好き、と本棚から続きを見つけて9巻まで全部借りていった。魔女がまどかちゃんを本好きの世界に連れて行ってくれるといいけど。

 次回は来月の連休の日曜、2月10日までこられないかもしれないが、とにかく、今年最初のせせらぎ文庫は楽しかった。その上、まどかちゃんのお母様が、本棚一段分の絵本の貸出しカードを作って下さったので私の汚い字のカードが、少しでも少なくなる。カード作りの間、色々な話も出来た。オーストラリアの文庫に、補充図書を届けて下さる方も見つかりそうです。めでたしめでたし。