« 『大どろぼうホッツエンプロッツ』プロイスラー作、 偕成社 | メイン | 4月のせせらぎ文庫 »

光る道

 昨日、3月3日はひなまつり。お雛様は飾ってなかったけれど、一応、文庫は開きました。真柄さん宛てに出版社から送ってもらった本を、手伝ってもらって一緒に南十字星文庫用に、用意しました。とても助かりました。

 南十字星文庫の開かれるオーストラリアのブリスベンはそろそろ秋でしょうが、せせらぎの里は真冬。積った雪が一度溶けてアスファルトの道の上を流れ、流れかけて凍ったものだから道がみんな、ツルツルピカピカに光っていました。それでもアスファルトの道は昼までには溶けましたが、怖いのは裏道!
道いっぱいに凍っていたので、道端の土手の上の、積もった雪の中を歩いてきました。

 東京も寒いけれど、軽井沢の寒さのほうが清清しい。寒いけれども楽しい数時間でした。


ブッダの語る覚醒への光の道―原始仏典「ダンマパダ」現代語全訳

(ASIN: 4434077589)
  
三雅