« 『とんがと ぴんがの プレゼント』西内ミナミ作 福音館書店 | メイン | 『めがねうさぎのクリスマスったらクリスマス』せなけいこ作 ポプラ社 »

11月16日 10時から13時まで せせらぎ文庫開いてます

 みんなが寒い寒いと言っている東京から、もっと寒いはずの軽井沢に戻ってきました。なぜかホッと、暖かい気持になるから不思議です。早くこっちに本拠を移したいな。行ったり来たりは変らなくてもね。

 ところで、次のせせらぎ文庫、先日予告したとおり16日に開きます。予告どおり、しかも3日前にお知らせできるのは初めてでしょうか。来週も23日(日)の同じ時間に開きます。クリスマスの本を同じ棚に集めてみようかしら、などと考えています。絵本は、忘れていても表紙を見れば大体分かるのですが、読物の方は、ちょっと自信がありません。思いがけない本が、クリスマスをテーマにしていたりするんですよね。

 もうひとつ困っているのは、蔵書一覧がまだ出来ないことです。まだカード付けに追われているので、一束ずつカードを持ち帰って、一覧表を作る、という作業が後回しになってしまっています。

 かつて『国際児童文庫協会の小林悠紀子が子ども達に薦める630冊の本』という長い名前の本を出した時、巻末に後藤彩子さんが索引を付けてくれました。あの索引のお陰で、あの本の価値がぐっと上がって色々な方の役に立っているのです。あんなにエクセルを使いこなしていた彩子さんが45歳の若さで亡くなって以来、エクセルの行と欄との連なりを見るだけでふっと虚しい気持になります。でも、がんばらなくちゃね。

 せせらぎ文庫フェスタに参加してくださった方に、お年賀状も出したいし、と思っています。
今、二回ほどグラッと揺れたけれど、地震かしら眩暈かしら・・・。眩暈だったみたい。
無事にお正月を迎えたいというのが、一番間近の目標です。