« FM軽井沢(8月7日) | メイン | 『ぼくって 女の子??』ルイス・サッカー作 文研出版 »

読み聞かせのエピソード

 先週、せっかく書いたら「公開」をクリックしたトタンに消えてしまって、書き直す気がなくなってしまったのだけど、どう考えても面白かったので、やっぱり紹介したい。

 せせらぎ文庫に親しい友人が遊びに来て、まだ新米のおばあちゃまなのだが、1歳のお孫さんに本を選んでいた。そこへ、初めて見かける2歳くらいの女の子がやってきたので、せなけいこさんの『おひさまとおつきさまのけんか』を読んであげた。
 ところが生憎、携帯に電話が入ったので、友人がごく自然に続きを読み聞かせてくれた。孫に読み聞かせ慣れているのか、お日様とお月様が、実にリアルに喧嘩している。私は聞き手に回って楽しんでいた。

 読み終わったところに女の子のお母さんが来て、せがまれてもう一度、同じ本を読み始める。実に優しい声で、ことばがひとつひとつ心に浸みこんで来る。喧嘩のくだりがあまりに違うので、二人で笑ってしまった。お母さんが気にしたので、「彼女の台詞回しは、凄くリアルで怖かったのよ」といった。

 お母さんが帰ってから友人は、「ああいう風に、優しく読まなきゃいけないのねえ」と反省しきり。
ところが翌週お母さんがやってきて、「あの方みたいに、それらしく読まなきゃいけないんですねえ」と言った。

 どちらが正しい読み聞かせか? どちらも正しい。同じ本を、違う二人に読んでもらった女の子はラッキー!
女の子の心には、一冊の本が、二つの物語になって残っているから。

 物語は文字で表され、印刷されたトタンから、著者ひとりの物ではなくなる。著者と読者が違う解釈をしたとしても、それは読んだ人の解釈が正しい。なぜなら、宗解釈されるように書いてしまったから・・・と、中学校の国語の時間に教わった。良い先生だったと思う。

 これ以上書いていると、また消されそうだから、ここまで。



Warning: file_get_contents(http://webservices.amazon.co.jp/onca/xml?AWSAccessKeyId=AKIAJZUGYWF65222EKUA&AssociateTag=senmasa-22&ItemPage=1&Keywords=%E8%AA%AD%E3%81%BF%E8%81%9E%E3%81%8B%E3%81%9B%E3%81%AE%E3%82%A8%E3%83%94%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%83%89&Operation=ItemSearch&ResponseGroup=Images%2CItemAttributes%2COffers&SearchIndex=Books&Service=AWSECommerceService&SortKey=daterank&Timestamp=2019-02-24T04%3A03%3A55Z&Version=2013-11-17&Signature=XJbW3IQBRtMIitvIo59HRIwRvH2%2BhZKRCJdrVZ9EH/Y%3D) [function.file-get-contents]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 503 Service Unavailable in /virtual/manabu/classes/paapi/A2S.class.php on line 95

Fatal error: Uncaught exception 'Exception' with message 'String could not be parsed as XML' in /virtual/manabu/classes/paapi/A2S.class.php:98 Stack trace: #0 /virtual/manabu/classes/paapi/A2S.class.php(98): SimpleXMLElement->__construct('') #1 /virtual/manabu/classes/paapi/A2S.class.php(262): A2S->LoadA2SItem() #2 /virtual/manabu/classes/paapi/ecsUtils.php(45): A2S->A2SSearchByKeyword('???????????????...', 'Books') #3 /virtual/manabu/public_html/blog.youragency.biz/2011/08/001238.php(214): blogItByKeyword('???????????????...') #4 {main} thrown in /virtual/manabu/classes/paapi/A2S.class.php on line 98