« 『チェシャーチーズ亭のネコ』カルメン・アグラ・ディーディ&ランダル・ライト作 東京創元社 | ホーム | 『祇王』木下順二文 瀬川康男絵 ほるぷ出版 »

2020年7月 6日

『タルト・タタンの夢』近藤史恵著 創元推理文庫

 今、『海外子女教育』誌8月号の「子どもの本棚」の原稿を書き終えたところ。本当は先月このブログで紹介した『チェダーチーズ亭のネコ』を紹介したくて、原稿を書き上げたところで、絶版です、と編集からNOがでた。困るとすぐ、お料理関係のミステリーに逃げるのは私の弱みだが、お料理がテーマになっていると、読んでいる間、最低限、美味しいものを食べた満足感があるので、どの年代にも外れが少ない。疲れていると、ついついお料理関係の軽い読物を買ってしまうので、そういう本が集まっているのかも知れない。
 タルト・タタンはご存知のように、ケーキの名前だが、名前を聞けばぼんやりと、その形が思い浮かぶ程度で、あれとこれをこう混ぜて、こうして焼くと、こんな風においしく仕上がる、とまでの知識はない。ところが、この本を読むと、メニューでお馴染みの、フォン・ド・ボーだの、ガレットだのというカタカナが沢山出てきて、いろいろ説明してくれる。
 もちろんこれがこの本のメインではない。『タルト・タタンの夢』のストーリーも今、原稿に書いたばかりだから、ここには書かない。だって、続けて2回も書けないわ。楽しい短編が表題を含めて7つ入っているのだが「ガレット・デ・ロワの秘密」は、ガレットの中にフェーブという人形を入れて、当たった人が王様になるというパーティゲームで、焼きあがったガレット・デ・ロアに確かに入っていたフェーブが、切ってみるとなくなっていた、という事件。青春時代の出来事の謎が今、解けるのだが、時がたっているのが哀しい。甘酸っぱい短編。どの話も文章の運びは楽しくて、声に出してフフフ、くらいは笑える。
 時間がどんどん無駄に過ぎてゆく今日この頃、こういう本がもっと欲しい。 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://manabu.s176.coreserver.jp/mt3/mt-tb.cgi/857

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、yukikoが2020年7月 6日 23:39に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『チェシャーチーズ亭のネコ』カルメン・アグラ・ディーディ&ランダル・ライト作 東京創元社」です。

次のブログ記事は「 『祇王』木下順二文 瀬川康男絵 ほるぷ出版」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。