« 『祇王』木下順二文 瀬川康男絵 ほるぷ出版 | ホーム | 『そらから かいじゅうが ふってきた』中川洋典作 文研出版 »

2020年7月18日

『つかまえろ』カタリーナ・ヴァルクス作 文研出版 

 なんともかわいいシリーズ。主人公はハムスターのビリー。パパは腕の良いカウボーイ。投げ縄でバッファローも捕まえられる?とビリーに聞かれて、ハムスターが投げ縄でバッファローを捕まえたら、俺はこの帽子を呑み込んでやる、と答えてしまった。そこでビリーは親友のミミズ、ジャン・クロードとバッファローを捕まえる練習を始める。通りかかったネズミのジョゼットが、すぐ近くの川で、バッファローが水を飲んでいたと教えてくれたので、さっそく水辺に行って、バッファローのすぐ後ろにある木に登って、上から投げ縄を投げる、という作戦を立てる。捕まったバッファローが、気の良い奴で・・・。
 大きなバファローの角に縄をかけてしまった小さなハムスター。大好物のヘーゼルナッツを焼いているというパパの所まで、ビリー達を背中に載せて行って、仲良くナッツを食べるのだが、目をくりくりさせているハムスターと、のっそりと穏やかなバッファローの対比が、心楽しい。小さな男の子に、読んであげたい絵本。
 シリーズは①てをあげろ! ②つかまえろ! ③インディアンはどこ? の3冊。ミミズのくせに鎌首を上げて、頭にインディアンの羽を付けていたりして、親友のジャン・クロードも、なかなかのわき役ぶり。登場人物?の名前が、なかなか、である。先々週、FM軽井沢で紹介済み。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://manabu.s176.coreserver.jp/mt3/mt-tb.cgi/859

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、yukikoが2020年7月18日 01:42に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「 『祇王』木下順二文 瀬川康男絵 ほるぷ出版」です。

次のブログ記事は「『そらから かいじゅうが ふってきた』中川洋典作 文研出版」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。