« 2013年4月 | メイン | 2013年7月 »

2013年5月

2013年5月 7日

『幻想小説名作選』半村良・選 集英社文庫

 昭和54年が初版らしいから、ずいぶん古い本だが、アマゾンなどではまだ手に入る。18人の作家の18作品と、巻末に小松左京と半村良の幻想小説についての対談が載っている。

 幻想小説選だから幻想的な小説が選ばれているのだが、夏目漱石の「夢十夜」、泉鏡花の「眉かくしの霊」、川端康成の「片腕」、谷崎、佐藤春夫、太宰治、吉行淳之介、筒井康隆,小松左京などなど、どれも、この作家の作品はひととおり読んでいるはずなのによく覚えていない話、「各作家の代表作を三つ上げよ」といわれたら、出てこない作品ばかりのような気がする。

 しかし泉鏡花の『眉かくしの霊』は、私も大好きな作品で、多分大映で、映画にもなったと思う。山本富士子の主演で、何本か泉鏡花の作品が映画化されていた頃・・・・50年以上昔かもしれない。エーとね、オンタイムじゃなくて、といいたいところだけれど、あの頃は小石川柳町の都電の停車場の近くに映画館が2つあって、映画の好きな両親は、毎週のように揃って観に行っていたので、幼い私も連れて行かれて、市川雷蔵、大川橋蔵、伏見扇太郎なんぞという天下の美男子を見慣れてしまった。

 閑話休題。本の話に戻ると、やはり『眉かくしの霊』が懐かしかった。したたるような丸髷に結い上げた若妻が、始めは眉を隠して、後では眉を落として、つまり剃って、「似合いますか?」と振り返ったりする妖艶な場面が出てくるのだが、眉を剃って歯を黒く染めた若い女を、妖艶だと感じる心が今の人にあるかなあ。ちょっと心配ではあるけれど、泉鏡花の小説はどれも幽玄な世界を描いていて、読む人を現実から引離してくれる。

 とかく、文章というのは、分かりやすく、はっきり書くように要求されて、そうでなければ確かに役に立たないのだが、泉鏡花の文章は、えっ、こっちの人の話だったの? あれっ、過去の話よね?と二次元も三次元も、読んでいるうちに分からなくなる。知らず知らず、不思議の国のアリスの穴に落ちていって、幽玄の世界に沈み込んでしまう。

 明治の文学も、今の若者には古典だそうだから、読み慣れないと良さが分からないのかもしれないが、この魅惑の世界を知らずに人生を送ってしまうのはもったいない。そう思って、5月5日のFM軽井沢で、この本を取り上げてみた。せっかく日本人に生まれたのだから、鏡花の世界を、せめて明治文学を自分の生活の中で堪能してもらいたいもの。

 これから夏に向けて、えげつないTVの怪談話(いつから怪談を怪談話なんて間違った呼び方をするようになったの?)より、こんな本で涼しくなってみてはいかが?

2013年5月10日

サテライトシリーズ(ちょっと修正版)

 巷に貼りだしたり駅で配ったりしているチラシが、ちょっと変わりました。
さて、どこが変わったのか、見つけてください。
 と言うわけで、相変わらず東京、軽井沢間を往ったり来たりしています。多少疲れ気味で血圧が上がってきているので、ちょっとどうしようかなと悩んでいます。

 受付などのお手伝いもですが、この1時間、子どもと一緒に遊ぶつもりで参加しに来てください。とはいえ、その子どもの参加が、思ったより少ない!
中学生には、何よりの内容でもあり、小学生にも授業の先取りで役に立つし、高校生の危うかった記憶を確認するためにも役に立つのですが・・・・。
 明日、くたびれていなければ、教育委員会を覗いてみようかな、と思っています。家庭教育の大切さを、学校教育の担当者に理解して頂くのは大変です。そんなはず無いですよね、学校の先生方が、それを一番感じていらっしゃるはずなので。

 いずれにせよ、下記、せせらぎ文庫フェスタ・サテライトシリーズに、奮って(古いね)ご参加下さい。東京からの日帰りは、充分可能です。
 東京駅から一時間で、爽やかな風を感じることが出来ます。緑の空気です。

 千ヶ滝西区区公民館主催 「せせらぎ文庫フェスタ」サテライト
         中軽井沢図書館で遊ぼう!

4月のオープンから、毎週末、せせらぎ文庫フェスタのサテライトとして、
せせらぎ文庫フェスタでおなじみの先生方が、中軽井沢図書館に出現!

子ども達は遊びの中から大切な知識を身につけます。勉強とTVゲームしかしないこの頃の子ども達は大丈夫でしょうか? このサテライトシリーズは知識の遊びです。[理科]も[社会]も遊びながら身につきます。折紙は[幾何]の最高の教材。英語も欧米人にとっては幼児も話す[国語]、喋るのは簡単です。 

5月 3日(金・休)10:30 5月の折紙         刈田すみ子
  12日(日)14:00 伊能忠敬と歩いてみよう    マイティ・松井
  19日(日)13:30 夏の歌でも歌おうか      こばたけさん
  26日(日)午前 小学生の面白理科実験      ジニアス・円谷

6月2日(日)午後  影絵芝居            影絵師SAKURA
  9日(日)午前  中学生の面白理科実験      ジニアス・円谷
  15日(土)午後 カルタで身につく歴史の基礎    マイティ・松井
29日(土)午後 英語のセリフで話してみない?   グレース・宮田

*参加費は、大人も子どもも1人500円です。(子ども連れの大人は割引)
*せせらぎ文庫の会員は 1人300円です。
*定員80名なので、当日でも多分参加できますが、できればご予約下さい。

           千ヶ滝西区公民館主催 
           せせらぎ文庫フェスタ

7月海の日の連休、13,14,15日は、せせらぎ文庫フェスタです!
絵本作家、童話作家の心の通う「読み聞かせ」を中心にサテライト・シリーズの先生方が加わって、賑やかで楽しい西区のフェスタです。
もちろん、例年、別荘の方も、他の地区の方もご参加頂いています。今年も大歓迎! 大人だけの、軽食付「はなそう会」もありますよ!

     連絡先 赤尾 佳秀 090-7347-4262  荒木 真志 090-9353-6096      
         真柄 美穂 090-9349-012 小林悠紀子 090-4427-1170   

2013年5月22日

せせらぎ文庫フェスタ・サテライトシリーズ・歌

 5月19日は、せせらぎフェスタ初の「歌」だった。私が音痴だものだから、フェスタから歌を遠ざけていたのだが、今回、事情があってこの日のゲストが見つからなかったので、急遽コバタケサンにお願いしてみた。

 コバタケサンは、一緒にオーストラリアに文庫を作りに行った時に、オーストラリアの子ども達に、日本語の歌を見事に歌わせてしまった実力?の持主。
大人が来るか、子どもが来るか、大勢集まるか、小人数なのか、蓋を開けるまで分らない今回のサテライトシリーズ、対応できる先生方だけを集めた企画だが、彼なら新メンバーとして活躍でしてくれると踏んだからだ。

 集まったのは、大人の女性ばかり。「こんにゃくにゃくにゃく・・・」という面白い発声練習から始まって、まずオペレッタ???「祭りの行列」。ブンブンブブブンと低音楽器が通り、ラリラリラリ・・・と高音楽器が通り、おーめでたやと祝い歌が通って、遠くから近づいて、通り過ぎてゆく情景を、歌で表す。
コバタケサン曰く、3,4人集まれば、結婚式のかくし芸になりますよ、とのこと。「三匹のねずみ」と「フレールジャック」を同時に歌って合唱したり、結構楽しく時が過ぎた。

 来週、26日は10:30から。大人にも子どもにも興味深い、静電気の手品、ではなかった、理科実験。子ども達も沢山集まってくれるといいけれど。

来週からのサテライト・シリーズ

 来週の理科実験と、影絵芝居の詳細を、お知らせします。  

   千ヶ滝西区区公民館主催 「せせらぎ文庫フェスタ」サテライト
           中軽井沢図書館で遊ぼう!

4月のオープンから、毎週末、せせらぎ文庫フェスタのサテライトとして、
せせらぎ文庫フェスタでおなじみの先生方が、中軽井沢図書館に出現!
子ども達は遊びの中から、大切な知識を身につけます。
勉強とテレビゲームしか知らない近頃の子ども達は、大丈夫でしょうか?
サテライト・シリーズは大人も子どもも、年齢に応じて楽しめる企画です。 

5月26日(日)10:30 電気でブーブー「イライラ棒」    ジニアス・円谷
           静電気で遊ぼう 先着15名   又は 円谷秀雄

6月2日(日)13:30  『小さな影絵ショー』要予約  影絵師SAKURA
           ・お話影絵「のびる」 
           ・ショート・パフォーマンス 「ドクロ君のラジオ体操」等
            
  9日(日)10:30  中学生の面白理科実験      円谷秀雄

  15日(土)13:30 カルタで身につく歴史の基礎   松井聰

29日(土)13:30 英語のセリフで話してみない? グレース・宮田

*参加費は、大人も子どもも1人500円です。(子ども連れの大人は割引)
*せせらぎ文庫会員、西区民,別荘も1人300円です。(若鮎スタッフは無料)
*定員80名なので、当日でも多分参加できますが、できればご予約下さい。

    ********************************************************************
           千ヶ滝西区公民館主催 
           せせらぎ文庫フェスタ
    
7月海の日の連休、13,14,15日は、せせらぎ文庫フェスタです!
絵本作家、童話作家の心の通う「読み聞かせ」を中心にサテライト・シリーズの先生方が加わって、賑やかで楽しい西区のフェスタです。
もちろん、例年、別荘の方も、他の地区の方もご参加頂いています。今年も大歓迎! 大人だけの、軽食付「はなそう会」もありますよ!

連絡先 赤尾 佳秀 090-7347-4262  荒木 真志 090-9353-6096      
    真柄 美穂 090-9349-012 小林悠紀子090-4427-1170